戦艦大和とは?戦争、平和をライブコンサートで楽しく学ぼう!

伊藤整一海軍大将 生誕祭ライブコンサート!今年もやります!

1890年(明治23年)7月26日に伊藤提督は福岡県三池郡高田町(現みやま市)に父・梅太郎の長男として生を受けました。

そこで、大和さくらの会が主催で毎年【まいピア高田】で伊藤提督の誕生を祝おうと日本各地から出演者を集い、

ライブコンサートを開いております。

今年の開催日は

7月8日(日)

開場:13時

開演:14時

終演:17時を予定しております!

【場所】

まいピア高田

 

去年の出演者紹介

去年は沖縄を題材にし戦争の悲惨さ、平和の大切さを楽しく学ばせていくコンサートとして盛大に開催をさせていただきました。

 

日本舞踊 黒龍の皆さま

 

福岡で活動をしており、古くから伝えられている伝統の踊りで会場を圧倒!

子供達の踊りで心が癒されるのはもちろんのこと

獅子舞が会場中を駆け回り、多くのお客様が笑顔喝采で大変盛り上がりました!

 

 

子供たちも獅子舞に噛まれたいと笑顔と笑い声が会場中に響き

老若男女、とても楽しんで貰えた演目になりました!

 

綾部 幸治さん

福岡の親不孝通りにあるライブバーマイケルを経営し、ジャズを日本各地で広める活動をしています!

 

大人も子供もなかなか聞けないサックスの音色。

子供にもわかりやすくジャズの楽しさを教えていただきました!

 

大和さくらの会の理事も勤め

世界各地で平和の大切さを音楽で広げている

シンガーソングライター

野田 かつひこさん

戦争の悲惨さ、そして戦艦大和の激戦をイメージさせる

「大和桜」の歌は観客の心に響き、涙を浮かばせました。

 

想いが伝わるほどの歌声

戦争とはなんなのか・・

次世代に伝えていくには彼の歌と語りは必要不可欠と思えるほど観客の心を掴んでいました。

 

沖縄県糸満市出身。 高校卒業後、渡米3ヶ月の生活。

コミュニティFM パーソナリティや、沖縄ケーブルTVでのヤング情報番組のレポーターなどを務める。

八重山古典音楽コンクールの新人賞、優秀賞受賞した

沖縄アメリカーナのメリーさんとデビットさん

2008年にはブラジル渡伯。

テレビ東京 ドキュメンタリー 番組出演『海を越えた島人たち-移民100周年を迎えて-』主演しており

帰国後、沖縄歌舞劇団 美と共に、数々の海外公演にも参加している。

沖縄とアメリカ

戦争の悲劇から70年

沖縄アメリカーナのお二人は平和を歌で唱えながら世界各地で平和活動を行っています。

 

アメリカでの公演時、ご高齢のお客様から

「私はあの太平洋戦争で沖縄に攻め込んだ軍人でした。

あんな悲惨で残酷なことを私は軍人として行っていて日本にどれだけ恨まれているか不安な日々を過ごしていました。

しかし、二人の演奏を聞いて心が救われた。今やっと平和になったことを実感したよ。」

そう涙を浮かべながら頭を深々と下げたそうです。

 

観客、そして戦争経験者の心を救うほどの歌手、メリーさんとデビットさん

二人の歌声を今年も福岡で聞きたいものですね。

 

そして、大和さくらの会 沖縄支部の理事を勤めていただいている

喜納昌吉さん

 

平和活動に携わり、

「花〜すべての人の心に花を〜」

を歌い「すべての武器を楽器に、すべての基地を花園に、戦争より祭りを」というメッセージを発信し続けている喜納さん。

ハイサイおじさんの歌で観客全体を楽しませ

最後はお客様、そして出演者、スタッフ全体を巻き込み

「花〜すべての人の心に花を〜」を皆で歌いました。

若い世代も楽しめる

「生誕祭ライブコンサート」

喜納さんの歌声で会場中が大盛り上がり!

戦争のイベントだからといって暗くするのではなく

皆が楽しみながら戦争のこと

平和が大切なことを伝えていくライブコンサートとなっております!

 

20代の若い世代がこうして平和活動をし

70年前に日本の為、今の平和を望んで亡くなった英霊の方々

戦艦大和で1700余命の命を救った伊藤整一提督の想いを

鎮魂と平和への出発として大和さくらの会は次世代に繋げていきます。

 

 

皆さんも是非、「生誕祭ライブコンサート」にお越しくださいませ!

「予約電話」

090-7151-5760

 

 

 

コメントを残す